YouTuberやってます!
こちらからチャンネル登録お願いします!

年収500万円台からVISAプラチナカードを取得する方法!徹底解説します!

友だち追加 
Pocket
LINEで送る

プラチナカード。いい響きですよね

プラチナカードと言えば、コンシェルジュサービスやプライオリティ・パスのサービスが付帯したりと、いわば富裕層が持つと言う先入観があります。

では年収500万円台から保有することが出来るプラチナカードは存在するのでしょうか?

答えを言います。実は存在します。年収500万円台から持つことの出来るプラチナカードが存在するんです

   

VISAプラチナカード

AMEXプラチナ・カードなどは、実にサービス豊富な超プレミアムなクレジットカードな一枚です。とは言え年会費が税込みで14万円以上と、お気軽に取得するにはどうしてもハードルが高いのは事実。

VISAは、プラチナカードとして多種多様なプラチナカードを発行しています。その中でも難しい審査の存在するカードが渦巻いている訳なのですが、そこに飛び込む自信はない・・、とお考えのアナタに提案があります。

年収500万円台から申し込み、そして審査可決の可能性があり、そしてVISAブランドのプラチナカードが有るんです

【公式】SuMi_TRUST_CLUBプラチナカード申込みページ。

 

どんなカードかな?

一体全体、年収500万円台で可決の可能性があるVISAプラチナカードは一体何なのか。

答えは「SuMi TRUST CLUB プラチナカード」です。これは三井住友トラストクラブ発行の、VISAプラチナカードです。

元々、Citiカードジャパンが発行していたところを買収により、三井住友トラストクラブにブランドごと移譲されたカードです。歴史は長く、決して目新しいカードではありません一方で積極的に20歳台の若い世代や、同時に年収500万円台の世代にもVISAプラチナカードを発行している会社でもあります

【年収500万円台も】SuMi_TRUST_CLUBプラチナカード申込みページ。

 

メリットは有るの?

では、今回私がオススメしている「SuMi TRUST CLUB プラチナカード」に、しっかりとしたメリットが存在するのでしょうか?

ちなみに私、太田もこのSuMi TRUST CLUB プラチナカードは、25歳の時に(当時Citiカード発行)取得をし、今も継続してカードを保有しています。

ですので、私の経験則からメリットを挙げることが出来ます。

SuMi TRUST CLUB プラチナカードの保有メリット

  • コンシェルジュサービス付帯
  • VPCC(VISAプラチナコンシェルジュセンター)利用可能
  • プライオリティ・パス付帯
  • レストラン優待サービス付帯
  • 強めの海外旅行保険付帯
  • 世界で強いVISAブランド
  • 年会費も35,000円(税別)と、プラチナカードにしてはお手頃

 

SuMi TRUST CLUB プラチナカードの年会費は、35,000円(税別)です。プラチナカード級の券種としては比較的安い部類に入ります。

しかしSuMi TRUST CLUB プラチナカードは、年会費が安めだからと言って、各種サービスに手を抜いているという訳では全くありません。コンシェルジュサービスはなんと、SuMi TRUST CLUB プラチナカード自前のコンシェルジュサービスとVPCC(VISAプラチナコンシェルジュセンター)の2種類が利用出来る、非常にスグレモノ!

そしてプライオリティ・パス。これも年間利用上限の無い、プレステージ会員が付帯します

プライオリティ・パスも当然付帯。SuMi_TRUST_CLUBプラチナカード。

 

海外旅行保険も強い

海外旅行保険と言えば「最大5,000万円」や「最大1億円」と言った文言が目に付きます。しかし、大切なのは海外旅行保険の中の「疾病治療費用」「傷害治療費用」。この2点を賄う保険が重要と言えます。

SuMi TRUST CLUB プラチナカードは、この「疾病治療費用」「傷害治療費用」が、それぞれ最大500万円ずつ自動付帯しています。例えば「アメリカで大怪我や大病をしてオペ等」をしたら賄い切れない可能性もありますが、一般的な怪我病気の範囲内であれば、このSuMi TRUST CLUB プラチナカード付帯のの海外旅行保険で十分と考えられます

このSuMi TRUST CLUB プラチナカードを持っておくだけで、海外旅行や海外出張時に別途大きな海外旅行保険へ加入する必要が無くなります。お得と、そして便利!

SuMi TRUST CLUB プラチナカードの海外旅行保険

  • 「疾病治療費用」:最大500万円
  • 「傷害治療費用」:最大500万円
しっかりとした海外旅行保険が欲しいなら。VISAプラチナカードを。

 

コンシェルジュサービスは有能!

SuMi TRUST CLUB プラチナカード付帯のコンシェルジュサービスは、非常にスグレモノです。前途の通り、自前のコンシェルジュサービスとVISAが構えている別のコンシェルジュサービスである「VPCC」が利用できます。

特にVPCCは便利で、会員から様々な要望をウェブから受け付けています。「レストラン予約」や「航空券の手配」と言った一般的なコンシェルジュ機能はもちろんのこと、コンシェルジュが出来る回切りの対応を受け付けてもらえます

私は、VPCCに国内での忘れ物相談をしたことがありましたが、VPCCコンシェルジュは非常に親切に対応してくださいました。

VPCCも利用可能。SuMi_TRUST_CLUBプラチナカード。

 

しっかりした保険と、コンシェルジュを

 

海外でも使いやすいVISA

アメリカン・エキスプレスのカードや、ダイナースクラブカードは国内ではJCBと相互開放によりどこでも使える実績があります。

一方で、一歩海外に出るとこれらAMEXやダイナースはやや加盟店の数的に使いづらいのも事実です。そこで、サブカード的にも是非ともVISAブランドのプラチナカードが欲しくなりますよね!

正にその「海外で使いやすい!」と言ったニーズにぴったりなのが、このSuMi TRUST CLUB プラチナカードなのです。VISAブランドでいて、プラチナカード。そして20歳台、年収500万円台から申込可能とあれば、海外出張が多い若きビジネスマンにもうってつけと言えます!

海外での使い勝手

  • AMEX / ダイナース:高級店を除くと、やや使いづらい
  • VISA / Master:ほとんどの加盟店で使える
使いやすい!VISAブランドのプラチナカード。

 

 

年収500万円台から持とう、プラチナ

「20代前半の若さでプラチナカードが欲しい、、でも持って良いのかな?」と悩むアナタ。良いんです!持っても!!

持ってはイケナイ理由など何処にもありません。年収は500万円台と一般的な水準でも十分に可決の可能性がある「SuMi TRUST CLUB プラチナカード」。私も初めて保有した当時、年収は同水準でした

少し悩んでいるならば、申し込むことをオススメします。SuMi TRUST CLUB プラチナカードは、私も実際に使って「あ、良かった!」と思えることが沢山あったカードの一つです

太田がSuMi TRUST CLUB プラチナカードを持った時

  • 25歳(当時)
  • 年収600万円台
  • 転職多め(職場移動ばかりしていてたw)
  • 会社員 or 派遣社員(ITエンジニアだった故)

 

私の場合は、こういった属性で、あっけらかんとSuMi TRUST CLUB プラチナカード(当時、Citiプラチナカード)は可決しました

今も審査基準は大変わりしていない模様。ですので、若くして出張が多いビジネスマンや、プラチナカードを保有したい20歳台〜30歳台はもちろん、年齢に関係なくVISAブランドのプラチナカードを保有したい方は「SuMi TRUST CLUB プラチナカード」を、私の経験則からおすすめいたします!

 

【公式】SuMi_TRUST_CLUBプラチナカード申込みページ。

 

SuMi TRUST CLUB プラチナカード、券面もとても格好良いい!そしてサービス充実でVISAブランドとしては安めの年会費!

これは持たずにいられないカードです。私も20歳台中頃でゲットしました。悩むなら持ってみよう、のカードですね!

 


関連記事


友だち追加
 ・公式LINEアカウント有り(クリックで友だち追加!)
 ・ブログを実名化しました!→書いてる人間が誰なのか見てみる
 ・ステータスマッチ最新情報「ステータスマッチ.jp!」


© プラチナ・カード・ライフスタイル (https://ohta.io)

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

You may also like...

1 件の返信

  1. カエデ より:

    こんなコメントして申し訳ありません。
    私は30代で、たった「400万円」の年収しかないサラリーマンですが、オリコのプラチナカードを保有しております…
    むしろ海外レートではMasterのほうが有利でもあります。
    家族カードも無料で発行できますし、SuMi TRUST CLUBである必要も感じません。

    貧乏プラチナ保有者からのコメントで申し訳ございません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です