YouTuberやってます!
こちらからチャンネル登録お願いします!

JCBザ・クラス 突撃その後。可決!?キャッシング枠の手紙が届いた時の対応。

友だち追加 
Pocket
LINEで送る

JCBゴールドデスクからJCBザ・クラスへの突撃が、ある日突然停止されてから早約1年が経過しています。私はしんきんカード経由で、JCBザ・クラスを突撃中です。取引先である「多摩信用金庫」からの取得を試みています。

申込書をたましん担当者に手渡してから3週間。しんきんカードから何か手紙が届きました

ペラ紙の封筒ではない「何か」です。。!これわっ!!!!

   

親展の圧着用紙

JCBザ・クラス突撃中に届いた手紙は、親展の圧着用紙でした。差出人は「株式会社ジェーシービー(カード発行業務グループ)」。「しんきんカード」とも記載があります。

我が家へ到着したこの謎の手紙を開封していきたいと思います。

まさかこれで中を開いたら実は否決の手紙だった〜!!じゃないよね?w

金属カード?欲しいときは...

 

キャッシング枠のお知らせ

開封っ!!!

JCBからの圧着用紙を心して開封すると「《カードお届け前のお知らせ》キャッシングサービスのご案内」でした。

カード名称には「ザ・クラス」とあります。。。。てことは、、

きたーーーーっっ!!!w これはJCBザ・クラス、可決です!!!

このキャッシング枠のお知らせが届いている段階で可決が確定です。この後に、否決のペラ紙が届くことはありません。完全に可決です。しつこいようですが、これはJCBザ・クラスの可決のお知らせですw

ラグジュアリーカードとは。

 

実質的、JCBザ・クラス可決のお知らせだ!

 

キャッシング枠は?

私はスムーズな可決を祈るために、申込書に『キャッシング枠は不要です』と記入して、たましん担当者に手渡しを行っていました。

そのため、今回JCBザ・クラスのキャッシング枠は0円。まったくもってJCBザ・クラス突撃可決の想定範囲内です!

審査が微妙なラインに立った時に、キャッシング枠有り無しで否決に転んでしまったら大変。ですので、私はキャッシング枠を設定しませんでした。

ブラックカード。手に入れる。

 

11回目の突撃で可決

読者の皆さん、2chの皆さん!応援してくださっている皆さん!!11回目の突撃でとうとうJCBザ・クラスをゲットすることが出来ます!!!!

悲願のワールドカップ優勝レベルに嬉しい事態ですw このブログを開始してから4年、JCBザ・クラス突撃を開始してから7年目が経過していました

既にJCBザ・クラスを所有しているホルダーの先輩方に太田が後から仲間入りさせていただきます!

金属製のブラックカードとは。。

 

後はカードを待つだけ

これは本当に嬉しい、JCBザ・クラス突撃大成功です。後は何もすることは有りません。只々、真っ黒いザ・クラス入りの分厚い封筒が届くのを待つのみです

ちなみに、会社宛や個人宛に在籍確認等はありませんでした。申込手順や、実際の流れについての詳細は後日記事にします。お楽しみに!

ハイステータスを手に入れるラグジュアリーカード。

 

いやー、ついにこの日が来ましたww

応援してくださった皆さん、本当にありがとうございます。

いよいよ、JCBザ・クラスを手に入れる時です。真っ黒い封筒が届いたらソッコーレビューを行います。乞うご期待!!!

 


関連記事


友だち追加
 ・公式LINEアカウント有り(クリックで友だち追加!)
 ・ブログを実名化しました!→書いてる人間が誰なのか見てみる
 ・ステータスマッチ最新情報「ステータスマッチ.jp!」


© プラチナ・カード・ライフスタイル (https://ohta.io)

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

You may also like...

10件のフィードバック

  1. こーすけ より:

    おめでとうございます!
    待ちに待ったカードですね!
    到着レビュー楽しみにしてます!

  2. zeppse より:

    ついに可決!
    おめでとうございます
    ワールドカップに例えるなら、クロアチアばりのハラハラ感と快進撃ですね!
    またレビュー、楽しみにしてます(^^)

  3. O より:

    ショッピング枠が気になります。

  4. だい より:

    おぉ!
    おめでとうございます!!

  5. のりさん より:

    おめでとうございます。
    私もクラス取得に際しこのサイトを参考にさせて頂いておりました。
    他サイトでありきたりなメンセレ紹介などではなく、所有者でも気づかないで活かせていないクラスの活用方法など記事にしてもらえる事を楽しみにしています。

    • 太田 伊央 より:

      ありがとうございます!
      ホルダーも知らない事を開発していきたいと思います!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です