YouTuberやってます!
こちらからチャンネル登録お願いします!

2018年は仮想通貨元年だから早急に口座開設しよう!クレジットカードも使えるよ!

友だち追加 
Pocket
LINEで送る

2018年は仮想通貨元年と言われています

まだ仮想通貨取引所に口座開設していない方は、是非この機会に口座開設しましょう。

安心できる日本の3大取引所では、クレジットカードによる仮想通貨の購入が行えますので心配ご無用!!

   

仮想通貨って怖い?

仮想通貨取引所で日本円をビットコインやリップル、ネムなどの仮想通貨に変えてキャピタルゲインを得る投資法

まだ仮想通貨に触れたことのない人は「なんだか良く分からない」「お金が消えるんじゃないの?」と思っているかも知れません。もちろん投資なので元本保証ではありません。

しかし株やFXと違い、投資元本の100倍や1,000倍が当たり前の仮想通貨の世界は、僅かな資金でも億万長者になれる可能性を秘めています。

正直言って、私は全然怖くないですね。だって強制ロスカットがないですから

モナコインが買えるZaif

 

ロスカットがない?

株やFXと違い、仮想通貨は原則的に現物取引です(仮想通貨FXは別ですよ)。現物取引ゆえに、強制ロスカットが存在しません。安心して現物買いをして、1〜5年の長期保有で資産が増えている可能性があります。

強制ロスカットがないので、ヒヤヒヤせずにのんびりと買い足しを行っていれば、気軽にお金が増えていきます(少なくとも今の相場はそんな状態)。

ビットコインは相当な暴騰っぷりを演じましたね。私がオススメするのは、アルトコイン

取引高ナンバーワンのBitFlyer

 

アルトコインって?

アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨の事。「リップル/XRP」や「ネム/XEM」などの事を指します。

私はネムを沢山ホールドしています。この記事を書いている2018年1月3日現在のネムの価格が1ネム=130円前後。非常に単価が割安です。

アルトコインは今後、銀行間取引や個人間決済で大いに活用されることが予測されています。結果、需給により、当然値上がりが見込まれるわけです。一般的にささやかれている2018年アルトコイン元年は、個人的に間違いないと思っています。

私がオススメな取引所、コインチェック

 

クレジットカードでもコインは買える

コレはいい話。プラチナ・カード・ライフスタル的おすすめなのは、各取引所ではクレジットカードによる仮想通貨購入が出来るという点です

相場には必ず急落局面があります。クレジットカードで仮想通貨を購入すると、どうしても手数料が発生します(8%くらい)。急落局面でクレジットカードを使うと大抵すぐに上昇に戻ってきて8%程度なら直ぐにもとが取れてしまう、と言うのが今のアルトコイン相場です。

 

クレジットカードの上手い使い方は過去の記事を参考に。

 

まだ口座開設していない?

私の周りでも仮想通貨取引を始める人が本当に増えています。まだ口座開設していない方、とりあえず口座開設を初めましょう。もちろん取引所の口座開設は無料。

簡単な本人確認書類提出の後に、早速仮想通貨取引が開始出来ます。

私がオススメなのはアルトコイン銘柄豊富コインチェックと言う取引所。リップルやネムはもちろん、それ以外の様々なアルトコインが勢揃い。

話題のモナコインが取引できるZaif取引高ナンバーワンBitFlyer。扱っているコインが違う3大取引所に資金を分散させるのもありだと思いますよ!

 

私はネムぶっ込んでますw

さて、ポジショントークです。私はネム(NEM/XEM)を大量に買っています。今(2018年1月3日現在)ネムは130円前後で推移してるんですよ!

私はITエンジニアだから先が読めるんです。今後個人間決済用途としてネムの需要は上がると想定しています。そうすれば当然ながらネムの価値は上昇、値上がりが期待できるわけです

だから私はネム。日本円をネムへ全力で切り替えています。ガンバって!ネムww

 

ネムネム。1月3日はネムが最高値を更新しましたね!

これから期待しているヨ!ネム。ネムラーな私は定期的にネムをブロク上で応援していきますw


関連記事


友だち追加
 ・公式LINEアカウント有り(クリックで友だち追加!)
 ・ブログを実名化しました!→書いてる人間が誰なのか見てみる
 ・ステータスマッチ最新情報「ステータスマッチ.jp!」


© プラチナ・カード・ライフスタイル (https://ohta.io)

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です